ほーりーのバス情報

2017年4月10日 (月)

【長崎電気軌道】みなと運行開始

 水戸岡鋭治氏と言えば、ななつ星をデザインしたことで有名です。長崎電気軌道310号車を改装して、《みなと》として、4月10日午後から運行が始まりました。

1491809825115.jpg

 青い車体はです、良く見ると、猫が施されています。
 室内は、落ち着いた雰囲気で、観光が楽しくなります。

1491809826007.jpg

1491809826674.jpg

1491809827278.jpg

1491809827827.jpg

 運行情報については長崎電気軌道のサイトをご覧ください。→運行情報

2017年4月 6日 (木)

【長崎バス平成29年4月ダイヤ改正】東長崎営業所待合所

 長崎バス平成29年4月のダイヤ改正が6日に実施されした。詳細は、長崎バスウェブサイトをご覧頂くとして、4月6日から開始になった、東長崎営業所の待合所を訪れました。


1491457006821.jpg


 JR浦上駅の駅舎です。バスの特集なのに間違いでは。いえいえ、営業所の所在地とダイヤ、それに身体的な問題で、なるべく負担が少ない方法で行きました。
 まずは、9時27分発の諫早行き普通列車に乗り現川駅まで行きます。


1491457007605.jpg


1491457008181.jpg


 現川駅から、9時50分発ココウォーク茂里町行きに乗り営業所に向かいました。


1491457008953.jpg

 営業所前のバス停は、廃止の貼り紙と営業所の待合所へ促しています。


1491457009541.jpg

 営業所待合所の外観です。作りは、時津北部ターミナルに似ています。


1491457010061.jpg

1491457010617.jpg


 待合室も時津北部ターミナルに似ています。

1491457011614.jpg


1491457012084.jpg

 役所広司運転士のバネルはインパクトがありました。

1491457012506.jpg


 さて、バスに乗ってココウォーク茂里町まで、行くことに。時刻表見るとまだ時間がありましたから、10時46分のジャスコ前行きに乗り矢上バス停まで行くことにしました。

1491457013127.jpg


1491457013704.jpg

 矢上バス停から、ココウォーク茂里町行きのバスに乗り換え、帰路につきました。
 東長崎の地理が不案内なために、路線図だけで判断し、年の神バス停で下車し、営業所はどこにと探していました。すぐに見つかりました。


 約2時間の小旅行は楽しかったです。これからも、さまざまなバス路線を乗り、小旅行記を書いて行く予定です。
 

2017年4月 5日 (水)

【長崎バス平成29年4月ダイヤ改正】ココウォーク茂里町~岬木場乗車記

 長崎バス平成29年4月のダイヤ改正が6日に実施されます。詳細は、長崎バスウェブサイトをご覧頂くとして、4月5日限りでバス停の名称変更と廃止がある、30番系統ココウォーク茂里町発岬木場行きに往復乗車してきました。 1491372533710.jpg  午前9時30分、ココウォーク茂里町バスターミナルより乗車しました。車輌は柳営業所1638号車です。終点は、約30キロメートル超先の長崎市野母崎町にあります。所要時間は約1時間20分ほど運賃は、830円です。 車窓の風景をご覧ください。 1491372534820.jpg 1491372535309.jpg  野母崎町に入ると車窓から軍艦島が見られます。 1491372535878.jpg 1491372536351.jpg  この路線は、平成29年3月末で閉園した、長崎県亜熱帯植物園を通ります。ダイヤ改正で、亜熱帯植物園入口が黒瀬に改称、亜熱帯植物園バス停が廃止されます。 1491372536900.jpg 1491372537428.jpg 1491372537976.jpg    この表示も5日限りです 1491372538545.jpg  亜熱帯植物園バス停は、閉園後、施設が閉鎖され、バスが入れないために、事実上廃止になっていました。 1491374395522.jpg  約1時間20分後、終点岬木場バス停に到着しました。 1491372539658.jpg 1491372540395.jpg  バス停周辺は何軒かの住宅と 集会所がありました。折り返し、ココウォーク茂里町行きとなった同じバスに乗り、帰路につきました。

【長崎バス平成29年4月ダイヤ改正】ココウォーク茂里町~岬木場乗車記

 長崎バス平成29年4月のダイヤ改正が6日に実施されます。詳細は、長崎バスウェブサイトをご覧頂くとして、4月5日限りでバス停の名称変更と廃止がある、30番系統ココウォーク茂里町発岬木場行きに往復乗車してきました。 1491372533710.jpg  午前9時30分、ココウォーク茂里町バスターミナルより乗車しました。車輌は柳営業所1638号車です。終点は、約30キロメートル超先の長崎市野母崎町にあります。所要時間は約1時間20分ほど運賃は、830円です。 車窓の風景をご覧ください。 1491372534820.jpg 1491372535309.jpg  野母崎町に入ると車窓から軍艦島が見られます。 1491372535878.jpg 1491372536351.jpg  この路線は、平成29年3月末で閉園した、長崎県亜熱帯植物園を通ります。ダイヤ改正で、亜熱帯植物園入口が黒瀬に改称、亜熱帯植物園バス停が廃止されます。 1491372536900.jpg 1491372537428.jpg 1491372537976.jpg    この表示も5日限りです 1491372538545.jpg  亜熱帯植物園バス停は、閉園後、施設が閉鎖され、バスが入れないために、事実上廃止になっていました。 1491374395522.jpg  約1時間20分後、終点岬木場バス停に到着しました。 1491372539658.jpg 1491372540395.jpg  バス停周辺は何軒かの住宅と 集会所がありました。折り返し、ココウォーク茂里町行きとなった同じバスに乗り、帰路につきました。

2017年3月31日 (金)

【長崎県営バス】平成29年4月 ダイヤ改正

Ca3k9759767951

 4月1日、長崎県営バスのダイヤ改正が行われる。長崎県営バスのサイトから、主なものを抜粋して掲載します。全てご覧いただくには、長崎県営バスのサイトをご覧ください。

【新設】
 ■長崎駅前~中央橋~(西山バイパス)~県立大学シーボルト校線
 中央橋・西山バイパス・川平有料道路を経由して県立大学シーボルト校を結ぶルートを新設。平日のみ運行されます。4月1日は、土曜日に当たるために、3日の月曜日からになります。
 ◎運行時間帯及び運行便数
  (始発時刻)
 長崎駅前→県立大学シーボルト校 13便 8:10~19:55
 県立大学シーボルト校→長崎駅前 11便 7:20~19:05
 ◎運行ルート
 長崎駅前南口~大波止~中央橋~諏訪神社前~片渕丸尾~(西山バイパス・川平有料道路)~商業入口~県立大学シーボルト校
 ◎運賃(大人片道
 長崎駅前・中央橋~県立大学シーボルト校  290円

 ■戸石・ガーデンシティー~矢上団地~長崎南高校線の新設
 平日・土曜の朝夕通学時間帯に戸石・ガーデンシティから矢上団地を経由して長崎南高校へ直行します。学校が休日のときは運休。
 ◎運行ルート
 戸石・ガーデンシティ東~矢上団地内~矢上(※下校便のみ停車)~ジャスコ前~網場道~御手水~蛍茶屋(※下校便のみ停車)~白木~長崎南高
 ■東高下~目覚町~中央橋便の新設
 立山から目覚町を経由し中央橋まで運行している便について、長崎東高校生の下校の利便性向上のため、下校時間帯の一部の便を立山発から東高下発に延伸。
 ■ガーデンシティ~立神・長崎東高便の新設
 矢上団地から立神・長崎東高へ運行している便について、発着地をガーデンシティまで延伸いたします。

 東長崎地区からの通勤、通学客の利便がよくなります。
【ダイヤ変更】
 ■立神~東長崎直行便の運行時刻延長
 立神から東長崎方面への直行便について、17時台発に加え、新たに19時~20時台にも運行。
 ◎増便
 19:14発 立神~(旭大橋)~大波止~中央橋~芒塚~矢上団地~ガーデンシティ
 20:14発 立神~(旭大橋)~大波止~中央橋~芒塚~矢上団地~ガーデンシティ
 ※従来の長崎駅前東口発~ガーデンシティ行きの運行経路を変更
 ■矢上団地~市民病院前便の増便
 矢上団地方面から中央橋を経由して市民病院前を結ぶルートについて新たに9時台の市民病院前行きを設定いたします。
 ■滑石団地~女の都団地便の増便
 滑石団地から昭和町や女の都団地方面に向かう便について、新たに8時台に滑石団地を出発する便を設定いたします。
 ■長崎市内~矢上~諫早線の運行時刻調整
 長崎市内から矢上・つつじが丘方面を経由して諫早方面へ向かう便について運行間隔を調整してお客様に分かりやすいダイヤに変更いたします。

 この他、シャトルバスなどの改正もあります。さらに便利になる県営バス。今年は、新路線の乗車報告を掲載していく予定です。

2017年3月30日 (木)

【長崎電気軌道】脱線事故調査報告書

Hni_0070


 平成28年5月、3号系統 公会堂電停の脱線事故から全面復旧。しかし、6月2日に再び脱線事故が発生し、以降、3号系統の一部運休が続いています。

Hni_0072

 3月30日、運輸安全委員会より事故調査報告書が出され、その日、報道されました。

 結果として、軌道の改修が必要になります。公会堂前の廃止後、市役所が移転する予定です。それまでには、改修が行われているかと思われます。一刻も早い復旧を願います。


2017年3月25日 (土)

【JR九州】浦上駅 跨線橋エレベーター

1490421305686.jpg
 現在、長崎本線の高架化工事のために浦上駅の駅舎、ホームが作り変えられています。

1490421306285.jpg

 乗降客が多い浦上駅はこれまで跨線橋(連絡通路)を通るには階段を使う必要があります。
 車椅子または、歩行困難な場合、列車を利用するのにはきつい面もありました。浦上駅近くの施設(ブリックボール、ハートセンターなど)に行く場合、鉄道利用者は、終点の長崎駅から別の交通機関を使うことがあった聞きます。

1490421306859.jpg

 3月25日から、連絡通路用のエレベータが使えるようになりました。
 前日、内覧会が報道されました。エレベータは、改札側がOTIS、ホーム側は東芝製が配備されています。

1490421307430.jpg
 エレベータのおかげでホームへ楽に行けます。

1490421308095.jpg

 浦上駅は、多目的トイレを含め、格段にバリアフリー化され、利用しやすくなりました。


1490421308647.jpg

2017年2月15日 (水)

【長崎電気軌道】液晶運賃表

 長崎電気軌道の一部の車両(1201,1203号車搭載を確認)に、バスではお馴染みでのレシップの運賃表が搭載され始めていました。
Hni_0019

 形は一画面。運賃はもちろん、広告等なども表示しています。全車に装備するか注目していきましょう。

2017年2月 9日 (木)

【長崎バス】平成29年2月9日

 長崎バスで走っていた、車両のナンバーに、長崎22か2929がありました。

Photo

 これは平成22年1月に撮影したものです。きょうの日付にちなみ掲載しました。

2017年1月13日 (金)

【長崎電気軌道】脱線事故の調査結果公表

Hni_0070

 昨年(平成28年)6月の脱線事故、いまだに3号系統一部運休中の路面電車。1月13日、脱線事故の調査が公表された。長崎電気軌道のウェブサイト掲載されたPDF配布資料を要約し、原因を見ていく。
 この事故に関しては、運輸安全委員会による調査は現在も継続中である。
 1)運転と車両については異常が認められなかった。
 2)線路において次のが直接原因と推定。
 
 

車輪がクロッシング部ガードノーズ箇所に繰り返し接触したことによる変形があった。
 それにより、車輪が乗り上がり易い状態になっていた。

 原因の推定に至った事象については次の通り、
■クロッシングとガードノーズ
 【クロッシング】
 分岐箇所の異なる路線のレールが交わる箇所に敷設されるX字形状特殊なレール。鋳型を元に一体成型で鋳造される。
 【ガードノーズ】
 クロッシングの中央部にあるV字にとがった部位。
■ガードノーズの変形事象
 ○平成27年10月事故の復旧工事として平成28年5月にクロッシングを含むレール一式を交換。
 ○営業開始後の約10日間で車輪が当該ガードノーズに対して繰り返し接触、曲線の外側に向かって変形。
 ⇒よって、ガードノーズが斜めに変形したことで車輪が乗り上がり易い状態に。
■ガードノーズが変形した推定原因
 ○平成28年5月のレール交換時にガードノーズ部分の高さを約10mm 低く設計変更。
(設計変更の意図)
 ○ガードノーズ部分の摩耗が脱線原因の一つのことにより、ガードノーズと車輪が接触する位置をなるべく奥の方にする。⇒車輪との接触を緩やかにし、ガードノーズ部分の摩耗を抑制する。
 ○摩耗を抑制するためにガードノーズを低くしたところ体積が減少、車輪の接触によって変形と推定。
 この推定を踏まえ、以下の事故対策を施すとのこと。
Hni_0072

■当面の対策
 ○点検巡視作業の強化
 ○工務課・車両課・運転課の合同点検確認(報告書では立哨)
 事故発生した分岐箇所および類似箇所である西浜町・入江町・長崎駅前の各分岐について月1回実施する。
  ◆軌道の変状、車両の挙動・動揺。
  ◆運転速度・操作。
  ◆その他の異常。
■恒久的対策
 ○クロッシングの設計変更
  ◆車輪の進入角を車輪とガードノーズの接触を軽減させる設計変更。
  ◆ガードノーズの高さも従来の設計に戻し、乗り上がりに対する安全性をさらに向上。
■曲線半径の変更
 現行の20m から35mへ変更し安全性を向上。
■試運転による安全性の確保
 対策工事完了後、
  ○台車のみの走行試験
  ○営業時間外での試運転
  ○営業時間中の試運転
 と段階を踏みながら総合的な安全性を検証。 試運転では車輪の走行状態等を動画で記録し、詳細な検証も行う。
■運輸安全委員会の調査結果
 調査結果がとりまとめられた際は、調査結果を踏まえて必要な追加検討を実施し、更なる安全確保に努める。

■運行再開までの日程
 現在、予定されている運行再開は、平成29年11月頃を予定している。変更される場合もある。
 以上、報告書をまとめた。今後、行政と警察を含めた協議が進められ、軌道等の改修が行われる見通しである。進捗を追っていきたい。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー