« 【JR九州】V・ファーレン長崎ラッピング列車 | トップページ | 【交通系カード】ニモカ2020年導入予定 »

2018年3月30日 (金)

【長崎電気軌道】電停名の変更

 3月30日、長崎電気軌道のウェブサイトのお知らせ欄に、13か所の電停名が変更されるとのお知らせがあった。実施日は、平成30年8月1日。

【周知URL】
http://www.naga-den.com/smarts/index/579/

以下は抜粋。

1.変更の目的
 
◆沿線の観光施設等を停留場名称とすることで利便性向上を図ります。(松山町、築町他)
◆乗り場が分かれている同名停留場を別停留場として混乱を解消します。(西浜町)
◆停留場名と現況との乖離を解消します。(公会堂前、市民病院前)
◆「〇〇前」「〇〇下」を施設名のみにして最寄り施設を明確にします。(長崎大学前他)
2.名称変更停留場 <13箇所>
 1.長崎大学前 → 長崎大学
2.浦上車庫前 → 浦上車庫
3.松山町 → 平和公園
4.浜口町 → 原爆資料館
5.大学病院前 → 大学病院
6.築町 → 新地中華街
7.正覚寺下 → 崇福寺
8.賑橋 → めがね橋
9.諏訪神社前 → 諏訪神社
10.市民病院前 → メディカルセンター
11.大浦天主堂下 → 大浦天主堂
12.西浜町(アーケード入口)→ 浜町アーケード
 ※築町寄り1・5系停留場は「西浜町」で変更なし
13.公会堂前 → 市民会館
 ※新市庁舎完成時に「市役所(仮称)」へ

 観光客に取って、施設名に変えると分かりやすくなる電停もあり、利便性は格段に向上する。『前』、『下』も、ローマ字表記の、『mae』『shita』では、外国人観光客に取ってはどういう意味かは理解し難いものだったと推測できる。西浜町もアーケードはどの電停かと迷うことが解消される。
 長年親しんでいる市民にとっては、馴れるまでは、戸惑いがあることも考えられる。

« 【JR九州】V・ファーレン長崎ラッピング列車 | トップページ | 【交通系カード】ニモカ2020年導入予定 »

ほーりーのバス情報」カテゴリの記事