« 【公共交通】公共交通で振り返る長崎2017 | トップページ | 【県営バス】県庁前バス停 »

2018年1月 1日 (月)

【百電】100円ショップ電卓

 新年明けましておめでとうございます。平成も30年を数えました。計算機の話が停滞ぎみてした。電卓は、スマホにあるから、買う必要もない。または、百円ショップで充分だの意見もあります。

Hni_0065

 百円ショップの電卓をあげました。電卓をほしくてせがんだ幼かった頃、4800円8桁の蛍光管のナショナルの『電子ソロバン』(電卓)を買ったもらってから45年。電卓の値段は下がり、100円まで下がるとは夢にも思いませんでした。
 百円ショップの電卓は最大の利点は、安い以外に、何台か購入して、カバンや引き出しに入れておける。無くしても壊れても喪失感が少ない。電子工作に腕があるならば、分解して何かを作るなどがあります。

 私の場合は、たくさん購入しておき、引き出しに、枕元、書類ケースなどに置いたり入れたりします。計算機ですから、計算は当然のこと、一時的に記憶する『電子メモ』にします。
 理由は7年前の転倒負傷で頸の神経を傷つけ、首から下が、運動、感覚麻痺がバラバラにあり、手書きがとてもしにくい状態になりました。スマホや携帯電話のメモ帳、任天堂3DSの『ゲームメモ』などを用いて記録しています。例えば、メモを取る手段にスマホや携帯電話のみ、Googleの二段階認証に登録していた場合、ログインすると、『端末確認』の電話がかかってきたとします。数字6桁ですから、覚えるのは容易です。人の記憶は案外頼りないこともあますから、確実にメモする場合に、用意している百円ショップの電卓で数字を入れます。一時的なメモですから、数字のメモはこれで十分です。

 数字だけの情報は、電話番号、郵便番号、口座番号、免許の有効期限に、誕生日など、たくさんあげられます。手書きしにくい場合、何かよいメモの方法がないかと道具を探しているうちに、安価で大量に入る百円ショップの電卓を使おうと思い立ったしだいです。
 

« 【公共交通】公共交通で振り返る長崎2017 | トップページ | 【県営バス】県庁前バス停 »

計算機情報」カテゴリの記事