« 【長崎バス】フレッシャーズバス2016~ハイブリッドバス | トップページ | 【公共交通】公共交通で振り返る長崎2016 第2回 »

2016年12月28日 (水)

【公共交通】公共交通で振り返る長崎2016 第1回

 2016(平成28)年の、長崎の公共交通はの大きな変化や出来事がありました。振り返っていきましょう。今年はこれまでの記事のリンク形式で行います。
 第1回はバスを取り上げます。

【バス】
 平成28年は、2つのバス会社がそれぞれ50周年、80周年の説目を迎えました。
 まずは50周年。九州号を運行する九州急行バスです。1966(昭和41年)9月20日に運行開始されました。当時のカラーリングを施したラッピングバスが1年間を予定に運行されます。
1
(記事)九州号50周年イベント 平成280920

 県営バスターミナル、西鉄天神バスセンターに当時の資料の展示が行われました。

 次は80周年。1936(昭和11年)創業の長崎バス。元旦から、役所広司氏が運転士に扮し、叙情的なCMが話題になりました。《名もなき1日を走る》のコピーは記憶に残りました。
2

(記事)創業80周年CM~名もなき一日を走る 平成280104

 ココウォークで《長崎バスの世界展》が開催されました。展示物の中には、役所広司氏のサイン入り色紙も展示されていました。
Photo

(記事)長崎バスの世界展 平成280420
 75周年にもバスのミニチュアが発売されました。80周年も同じく発売されています。

 県営バスにも25周年記念があります。それは路線バスの赤い車体とマスコット《ポポル》です。バスをかたどったぬいぐるみが発売されました。それ以上に、電光幕に大きな変化が。

Photo_2

 回送中表示に《お急ぎのところ、申し訳ありません。》の文字が追加されました。これは強烈な印象を与えました。

(記事)回送中表示の変更 平成280405

 新車も、続々導入されました。今年注目の新車はこれ。
Photo_3

 ハイブリッドバスです。長崎バスに12月《日野ブルーリボン》が2輛導入されました。ワンステップバスです。時津、ダイヤランド営業所に各1輛ずつ配備されました。

(記事)フレッシャーズバス2016~ハイブリッドバス 平成281224

 新しい路線、停留所の新設、改称などがあった、春のダイヤ改正、その中で注目なのが、市内中心部で未だ長崎バスが運行したことがないと思われる、本原、三原経由の路線が登場しました。ここは県営バスの循環線などの独占区間でした。長崎新地ターミナル~本原・三原~三川町の路線です。
Photo_4

(記事)新路線 長崎新地~本原経由~三川町線 平成280406

 県営バスも、滑石団地~中央橋線の増便が大きな注目点となりました。

(記事)平成28年4月ダイヤ改正 平成280330

« 【長崎バス】フレッシャーズバス2016~ハイブリッドバス | トップページ | 【公共交通】公共交通で振り返る長崎2016 第2回 »

ほーりーのバス情報」カテゴリの記事