« 【書評】15歳いのちの日記作者  逝去40年 | トップページ | 【長崎電気軌道】電停に運行状況の簡易掲示板を »

2016年1月 4日 (月)

【長崎バス】創業80周年CM~名もなき一日を走る

 元旦から長崎のローカル民放局で、長崎バスのCMが放映されています。
 テレビ用30秒CMと、長崎バス特設サイトで60秒版が閲覧できます。運転士役は、長崎県出身の役所広司氏が務めます。

80cm

http://www.nagasaki-bus.co.jp/recruit/businfo/lp/index.html

 運転士から見た、利用客それに地域の風景をテーマにした作品です。創業80周年と運転士募集を兼ねて(最後に字幕が出る)製作したものと判断されます哀愁漂うBGM、《発車します》と運転士の《長崎は好きだ》等の言葉だけで、訴えかける効果は十分にあります。個人的選んだ名場面カットを。使われている車輌は2517号車です。

 トラベルWatch 平成280101号によれば(http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20160101_737438.html)、

 長崎自動車は1月1日、「長崎バス」創立80周年を記念して、地元長崎県出身の役所広司さんが主演・監督を務めた運転者募集CMを放映開始した。同CMは、元旦より長崎県内民放テレビ局と同社特設Webサイトを中心に放映される。       

 

 劇中音楽は連続TV小説「マッサン」の楽曲を手がけた富貴晴美氏が作曲・編曲を担当。長崎の街を舞台にしたCM映像は、現役の長崎バ ス運転者やOB、実際に長崎バスの利用者などに長崎バスにまつわる物語を取材して、80年の歴史の中で長崎バスが紡いできたストーリーを情緒的に描いた。       


 かなり力をかけた作品です。

 ■オープニング編A
  キャッチコピー以外の、セリフは《発車します》。
 客席に向かって一礼。
Photo

 すばらしい風景や、地域に根ざした公共交通の使い古されたスローガンより、利用していただく、乗客に感謝しているだけで十分に伝わります。これを作った広告会社はきちんとツボを押さえています。

 そのほか、オープニングB、南越のふたり編。
Photo_4

Photo_2

 神ノ島編もあります。
Photo_3

 いずれも、静かなで、落ち着いたCMです。長崎バス80周年、どんなイベントなどが行われるでしょうか。平成26年から続く、長崎の交通機関のきりのよい周年記念の第三弾を今年は追っていきます。

« 【書評】15歳いのちの日記作者  逝去40年 | トップページ | 【長崎電気軌道】電停に運行状況の簡易掲示板を »

ほーりーのバス情報」カテゴリの記事