« 【長崎バス】フレッシャーズバス2015 その4 | トップページ | 【Windows10】ELCOM WDC-433SU2M を動かす »

2015年9月 1日 (火)

【任天堂】コミック工房でつくる電子ノート~実践編

 コミック工房を使って電子ノートをつくる実例。例えば、見本として作成した電子ノート。この参考書を用いて簿記の学習をしています。手書きでノートにまとめることは、記憶の定着、理解が進みます。

Photo
【写真】電子ノート作成例:スッキリわかる日商簿記3級(滝澤ななみ 2010 TAC出版)をもとに再構成。(サイズ960×672ピクセル 縦長2コマレイアウトを若干大きさを変更)

 

電子化の利点は、加工が用意であることと、情報の劣化が防げます。紙がわりに大いに手軽な3DSコミック工房を活用しましょう。

 コミック工房には、自定義(カスタム)機能があります。模様、パタン(シール)、コロコロと称するスタンプを自由につくることができます。ワープロ専用機で備わっ ていた外字登録が分かれば使いこなせます。これがあるから、コミック工房が電子文具としての利用ができるわけです。自由度が高いツールは、発想ひとつで高い創造性が生まれます。

 作成した電子ノートでカスタムで作った部分挙げると、
 ■罫線
  罫線を直線ツールを用いるより、何度も使う場合は、カスタムシールで作成し、適宜、複写・移動をさせます。
Photo_2

【図】カスタムシールで罫線作る。

 このシールを貼り付けたあと、
  枠の追加  範囲指定→コピー
  表枠の大きさの調整は 範囲指定→移動→拡大縮小
します。
 コミック工房2では、クリップボードに複写しておき、他面(レイヤ)、他頁への貼付けができます。先に枠などの追加等をしておき、移動を使って拡縮すると、失敗が少なくなります。

 

■丸数字
 3DS内蔵のかな漢字変換では丸数字が呼び出せないようです。カスタムシールを使う以外に、カスタムコロコロで、丸1~5を登録していき、画面にタッチしてスタンプを押す感覚で使うと、楽にできます。

 漫画・イラストを描く以外にもノートや、学級新聞、チラシもできます。工夫を凝らして、コミック工房を使いたおしましょう。

« 【長崎バス】フレッシャーズバス2015 その4 | トップページ | 【Windows10】ELCOM WDC-433SU2M を動かす »

電子文具」カテゴリの記事