« 【任天堂】コミック工房2で楽しむ、即席レタリング。 | トップページ | 【長崎県営バス】お買いものバス廃止後 »

2015年5月12日 (火)

【長崎電気軌道】NBC情報番組で紹介された赤迫電停より延伸の話

 赤迫電停より滑石方面の延伸の噂は以前より聞いていました。道ノ尾の交差点に向かう坂が登れないから実現しない等という理由も同じくありました。

 平成27年 5月12日のNBC長崎放送ローカル情報番組《あっぷる!》で、この延伸の話を《都市伝説》検証の内容でリポートされました。

Photo

 リポートの中で、長崎電気軌道側は、延伸計画はあったものの平成22年に断念した資料を元に、延伸計画は断念したと回答しました。
Photo_2

 断念に至った資料の一部は長崎市のウェブサイトで見ることが出来ます。

Photo_4

Photo_3

平成22年度第1回長崎市都市交通審議会》(平成250301:http://www.city.nagasaki.lg.jp/syokai/760000/763000/p006589.html)この議事録から、路面電車の延伸の部分について抜粋します。

2.議題:長崎市北部地区の交通円滑化の考え方について
(前略)
事務局
長崎市としては六地蔵を含む滑石地区までの北部延伸についての検討の継続を断念したということである。
(中略)

事務局
軌道を導入する場合、単線で伸ばす方法と複線で伸ばす方法がある。単線で伸ばそうとしても3メ-トルくらいの空間が必要で、複線になると6.5メ-トルくらいの空間が必要になる。
当然その空間を道路の中に確保する必要があるので、車線を減らすか、或いは、歩道をカットすることになる。また、今の道路の車線数を確保した上で広げよう とすれば、両サイド或いは片側の用地買収する必要があり、莫大な事業費を要する。また近年は、沿線の土地利用が進んでおり、遊技場跡地にマンションが建っ たことにより更に事業費が増加する可能性がある。
今の車線数を減らして軌道を入れる事に関しても、国道206号が北部方面の幹線道路であるので、車線数を減らすことも難しい。このようなことから赤迫電停から北の方に伸ばすことはかなり難しいと考える。
(後略)

 議事録によれば、長崎特有の幹線道路が少ない問題、または、沿線にマンションが建ち、用地買収に費用がかさむなど、延伸した場合の費用対効果に絡みから断念したという経緯が読めます。坂の問題より、用地買収と道路が拡幅しにくいという、平地が少ない斜面都市の悩みの象徴となった、検証結果になりました。

« 【任天堂】コミック工房2で楽しむ、即席レタリング。 | トップページ | 【長崎県営バス】お買いものバス廃止後 »

ほーりーのバス情報」カテゴリの記事